メニュー

子育てコラム

赤ちゃんをお風呂に入れるには、どうすればいい?
~親子でバスタイムを楽しむために、知っておきたいこと~

以前から当サイトで紹介しておりますが、あらためてコラムにさせていただいております(部分的に変更などをおこなっております)。

赤ちゃんをお風呂に入れるのは、親にとってひと仕事です。赤ちゃんをお風呂に入れるときは、あまり長湯をせず、かと言って体を冷やさないようにテキパキと洗って出るのがコツです。最初は緊張しますが、慣れてくるとスムーズに入れられるようになりますよ。

●お風呂に入る前に、準備しておきたいもの

子どもをお風呂に入れるときは、入浴前にバスタオル1枚と肌着・おむつ・スキンケア用品・水分補給できるものを用意しておきましょう。お風呂場では、ベビーソープとベビーシャンプー、ガーゼ(スポンジ)を使います。

パパとママが両方家にいるときは、パパが赤ちゃんをお風呂に入れている間にママが脱衣所の準備をするなど、連係プレーでお風呂に入れると楽チンですね。

●入浴時間は、10~15分以内が目安

赤ちゃんの入浴時間は、体を洗う時間を含めて10~15分以内に収めるようにしましょう。お湯に浸かる時間は1歳くらいまでは5分くらいが目安とされています。あまり長時間入ると赤ちゃんが疲れてしまうので、長湯は禁物です。まずはぬるめのお湯に入って、体を温めてあげてから洗い場で体を洗いましょう。

赤ちゃんの体を洗うときは、ベビーソープの泡をしっかりと泡立てて、手やガーゼなどで優しく洗っていきます。ベビーソープは髪や体に使えるタイプを使うと便利です。

すべて洗い終わったら、頭の後ろの方からお湯をかけて泡を洗い流します。赤ちゃんを抱っこしながら洗うのは、けっこう難しいですが、何回かやるとコツをつかんできますよ。「ちょっと大変」という場合は、バスチェアやバスマットに赤ちゃんを乗せて、洗うとよいでしょう。

●お風呂あがりは、まずバスタオルで水分をよく拭きとる

お風呂からあがったら、まずはバスタオルで水分をよく拭き取ってあげます。それから保湿剤でスキンケアをして、おむつを付け、肌着やウェアを着せます。そのときに、母乳でも湯冷ましでもよいのですが、水分補給を忘れないようにしましょう。

●一人で赤ちゃんをお風呂に入れるときのコツ

ママやパパのどちらかが一人で赤ちゃんをお風呂に入れることもあると思います。そんなときは、バスチェアを活用するのがよいでしょう。赤ちゃんが寒くないように服を着たまま脱衣所でバスチェアに座らせておきます。そして、お風呂の扉を開けて見える状態にしておいて、まず自分の体を先に洗い、その後に赤ちゃんをお風呂に入れてあげます。

あるいは、洗い場で赤ちゃんをバスチェアに座らせて、赤ちゃんがおもちゃで遊んでいる間になるべく短時間で自分の体を洗うようにしてもよいでしょう。

一人でお風呂に入れる際に気を付けたいのは、お風呂から出て赤ちゃんに服を着せたりしているうちに、親の体が冷えてしまうことです。寒い時期は暖房を入れるなどして、脱衣所をよく暖め、お風呂から出たときはサッとガウンを羽織ってから、赤ちゃんのケアをするようにしましょう。

ページ先頭に戻る