メニュー

子育てコラム

自分は子育てに向いていないのかも
~そんなママが知っておきたい、育児が楽しくなるコツ~

子どもがぐずったりすると、「ここで叱っちゃいけない」とわかっていても、思わず声を荒げてしまうことってありますよね。そんなとき、「こんな自分は、子育てに向いていないのかも」と思ってしまうママも、いるかもしれません。

でも大丈夫。心配する必要はありません。子どもを叱ってしまうことも、ときどき子育てが面倒くさくなってしまうことも、実は誰にでもあることなんです。

●「子育てに向いていないかも」と思うのは、実はとてもいいママだから

「子どものためにこうしてあげたいのに、自分にはできない」と、ママの理想像を描いて、それに合わない自分を責めてしまう人がいます。でも、自分が子育てに向いていないと思うママほど、本当はとてもいいママなんですよ。

なぜなら、「子どもをしっかりと育てたい。でも自分にはそれができない」と悩むのは、ママがとても責任感が強く、子どもの気持ちに寄り添う優しさがあるからです。

たとえば子どもが離乳食を食べないと、叱っても仕方がないとわかっていても、つい「なぜ食べられないの?」と言ってしまうことがあります。そんなときに「自分はだめなママだ」と思ってしまうのは、「子どものためにできるだけのことをしてあげたい」というママの優しさがあり、そしてそれができないと悩むのは、ママが親としての責任を強く感じているからです。

●「子育てに向いている」と思うママが、育児が上手とは限らない

ママたちの中には、「自分は子育てに向いている」と思って、自信満々に育児をしている人もいます。でも、そんな風に子育てに自信のあるママは、果たして本当に育児が上手なのでしょうか?

実は、子育てに自信があるママというのは、得てして子どもの気持ちに鈍感で、知らない間に子どもを傷つけていることが少なくありません。自分の行動を反省することがないので、子育てや教育の本を読んで「これが正しい」と思う方法があれば、迷うことなく実践します。

でも、そんなママの自信満々の子育てが、やがて子どもを追い詰めて、思春期に爆発してしまうこともあります。そもそも子どもは、最初から親の思い通りにはならないもの。だからママが子育てで悩むのは、むしろ親として自然な姿で、そうやってママは子どもと一緒に成長していくのです。

●子どもは自然に育つ、だから我が子を信じて大らかに子育てを

初めて育児をするときは、ママもわからないことが多く、「これから先、ずっと悩んで育てるのだろうか?」と思ってしまいがちです。でも、そんなことはありません。子どもは自ら育つ力を持っていて、ママが我が子を信じて大らかな子育てをしていると、意外とたくましく育っていくものですよ。

「私は子どもが苦手で」と言うママもいるのですが、苦手だったのは実は乳児期だけで、幼稚園に入ってからは一緒に楽しく遊べる素敵なママになることもあります。そのぐらい長いスパンで子育てを考えて、大らかに子どもとの人生を楽しみましょう。

ページ先頭に戻る