子育てコラム

子育てをしながらキャリアアップするには、どうすればいい?
~自分と家族に合った道筋を考えましょう~

子育てをしながら働くママにとって、「自分はどんな仕事人生を歩んだらいいのだろう?」というのは、とても切実な問題です。独身の頃のように全力で働きたいと思っても、子どもがいると仕事のためだけに時間を割くわけにはいきません。では、子育てをしながらキャリアアップするには、どうすればよいのでしょうか。働くママのキャリアの道筋について、考えてみましょう。

●自分と家族にとってベストなキャリアプランを

仕事に対する考え方は、女性によってさまざまです。「子育て中は子ども中心の生活をしたい」と考えるママもいれば、「子どもがいてもバリバリ働きたい」と考えるママもいるでしょう。どちらも間違いではないのですが、働き方を考える際にしっかりと押さえておきたいのが、「自分自身のキャリアアップを忘れないこと」と「家族の幸せを考えること」です。

子どもができた以上、仕事と同じぐらい重要な役割が自分にプラスされたことは、間違いありません。そのため、育児に割く時間がどのぐらい必要か、子育て期間がいつまで続くかを十分に考慮した上で、自分と家族にとってベストなキャリアプランを立てることが大切です。

●子育て後のキャリアをイメージする

「子育て中は家庭中心に」と考えるママは、家族やお子さんのことを大切に思う素晴らしい女性です。そんな方は、子育てが終わった後の自分自身のこともイメージしてみるとよいでしょう。

子育てには必ずゴールがあります。そのときになって、「子育て中に、もっと何かできたかも」と後悔しないように、今から将来のキャリアの道筋を考えておくことが大切です。

たとえば、ある仕事をしていた女性が、「子どもが小学校高学年になるまでは、子育て中心の生活をしたい」と思った場合、10~12年間ぐらいはフルタイムで働けません。そこで、その間はフリーランスやパートタイムなどの形で少しずつでも仕事を続けていく方法もあります。そうすれば、復職しやすく、もしかするとその勤務形態のまま仕事を続けていくという選択肢も出てくるかもしれません。

●仕事中心のママは、子どもとの時間も大切に

また、独身時代からバリバリと働いてきて、「子どもができても仕事中心の生き方がしたい」と考えるママもいます。

このときに気をつけたいのは、どんなに忙しくても、子どもと過ごす時間は忘れてはいけないということです。乳幼児期の子どもにとって、ママとのスキンシップは、健やかな心の成長にとって絶対に欠かせないものです。毎日少ない時間でもいいので、子どもとしっかり向き合い、抱きしめたり会話をしたりする時間を持つように心がけましょう。

子育てとキャリアアップ、どちらも100%理想通りにできれば最高ですが、もしかしたら妥協しなければならないことも出てくるかもしれません。まずは冷静に自分の5年後、10年後の目標を考えてみて、子育てをしながらその目標に向かって少しずつ準備を進めてみてはいかがでしょう。そして、もし無理があれば目標を修正するなどして、より良い道を見つけたいものです。

  • 前のコラムを読む

  • コラム一覧へ