メニュー

子育てコラム

赤ちゃんはいつ頃から話し始めるの?
~言葉の発達は人それぞれ。ゆとりをもって見守りましょう~

何かを指さして「アーアー」と言っていた赤ちゃんが、ある時期から「ママ」「ワンワン」と意味のある言葉を話し始めます。赤ちゃんはいったい、いつ頃から話し始めるのでしょうか。そして、「うちの子はなかなか話さない」と心配になったときには、どうすればいいのでしょう。

●生後9カ月~1歳6カ月頃までに話し始めるのが一般的

赤ちゃんは早ければ9カ月ぐらい、遅い子は1歳6カ月ぐらいまでに話し始めることが多く、一般的には1歳前後から何らかの言葉を話し始めます。初めて子どもが言葉を発したときは、パパもママも本当に感動しますね。

でも、赤ちゃんは突然思いついて、その言葉を発するわけではありません。コップに溜まった水が満杯になるとやがてこぼれ出すように、親からたくさん声をかけられて脳に溜まっていた言葉が、あるときを境に「ママ」というような言葉となってアウトプットされるのです。

そう考えると、たとえ赤ちゃんが言葉を話せなくても、親の日頃からの声かけがとても大事だということがわかりますね。

●言葉の発達は個人差が大きく、一人ひとり違って当たり前

パパやママの中には、近所の同世代の子と自分の子を比べて、「○○ちゃんは10カ月で話し始めているのに、うちの子は1歳3カ月になっても言葉が出てこない」と不安に思う人もいますが、そんなに過度に心配をする必要はありません。

おしゃべりを始める時期は子どもによってかなり個人差があり、すべての子どもが同じような時期に話し始めるとは限らないからです。言葉を理解する力や聴力などに問題がなくても、他の子どもよりも遅れて話し始める子どもはいて、そういう子どもは2歳以降にみるみる言葉を増やしていったりするものです。

●なかなか話し始めないときは、どうしたらいい?

赤ちゃんの言葉の発達については、基本的にゆったりと見守るのがいいのですが、なかなか話し始めないときには、かかりつけの小児科医に相談してみるのもひとつの方法です。各市町村の子育て支援センターなどでも、相談を受け付けているので、気軽に相談してみましょう。

赤ちゃんがおしゃべりをするように、親がちょっとした働きかけをしてあげるのも、よい刺激になります。たとえば「高い高い」をやってあげたり、ギュッと抱きしめてあげたり、公園のブランコや滑り台で遊ぶのも、脳にとってよい刺激になります。

また、お散歩をしているときに赤ちゃんが何かに興味を示したら、「清掃車がきたね。ゴミを運んでいるね」「大きなワンワンだね。可愛いね」というように、親がコミュニケーションをとってあげるのもおすすめです。

赤ちゃんの気持ちにパパやママが寄り添って、目を見ながらやさしく話しかけてあげること。そして何より、愛情をたっぷりかけてあげることが、赤ちゃんの話す力を育んでいくことでしょう。

ページ先頭に戻る