メニュー

子育てコラム

解消してますか?育児のストレス
~忙しい子育て期だからこそ、上手に息抜きを~

「子どもとずっと向き合っていると、何だかイライラがたまってしまう」というママも、多いかもしれません。でも、そんな自分に引け目や苛立ちを感じなくても大丈夫。母と子がずっと一緒にいることでストレスがたまるのは、実はとっても自然なこと。ほんの1時間でも離れられる時間があるだけで、スカッと解消できることもあります。

また、子どもと一緒にいても、家事をしながら好きな音楽を聴いたり、子どものお昼寝タイムに好きな本を読んだり。自分なりの楽しみ方を見つけて、豊かな時間を過ごすこともできます。

子育ては、介護のように先が見えないものではなく、必ず数年後に卒業できる期限付きのスペシャルタイム。そう思って、上手に息抜きをして、ストレスを解消しましょう。

●ちょっとだけ子どもを預けて、プチリフレッシュ
たまには実家の親やパパに子どもを預けて、おひとり様でプチリフレッシュをしてみるのもよいのでは?「一日中預かって」というと預かる側も気が重いのですが、「2時間だけお願い」と言えば、OKが出る可能性も高いでしょう。「うちはパパが忙しくて、実家も遠いし」という人は、ママ友と相談してお互いに預け合うという方法もあります。

フリータイムが確保できたら、カフェでまったり過ごしたり、ショッピングをしたり。日頃「子どもがいるとこれができない!」と思っていたことを実行しましょう。ほんのわずかの時間でも、好きなことができたことですっかり気持ちが満足し、ストレス解消になるでしょう。お迎えに行ったときの子どもの顔が、いつもの何倍も可愛く見えるかもしれません。

●子育て中でもできる楽しみを見つける
「ひとり旅に出たい」というような大がかりな楽しみは無理でも、食器を洗いながら好きな音楽を聴いたり、料理やコーヒーに凝ってみるなど、小さなハッピーを見つけて楽しむことはできるでしょう。お子さんが寝ている間に、好きな勉強にチャレンジしてみるのもよいですね。

「子育て中はあれもこれもできない」と無理なことに目を向けるより、今できることに一生懸命取り組んでみると、意外なところから自分の可能性が拓けることもあります。子育て後の人生を充実させるためにも、ぜひ自分自身のためになる事を何か見つけたいですね。

●ときには家事代行サービスという方法も
子育てに追われるママにとって、たまっていく家事はストレスの一番の原因になります。どうしても家事がやり切れないときは、家事代行サービスを利用するのもひとつの方法です。家事代行サービスというと、とても高額のイメージがありますが、子育て中でも無理なく家事代行を利用できる方法もあります。

たとえば高齢者の方がサービスを提供する人材派遣センターでは、比較的安い利用料で掃除や食器洗い・洗濯・子守などをお願いできます。コープなどの団体では、暮らしを助け合うネットワークもあり、家事援助などを引き受けてくださる主婦の方もいます。

また、各自治体も育児に関する相談窓口を設けたり、さまざまな子育て支援を行っていますので、困ったときにはそうしたサービスを積極的に活用して、忙しい子育てライフを上手に乗り切りましょう。

ページ先頭に戻る